行政書士業務案内

私たち、パートナーズ・オフィスでの行政書士における業務をご説明します。

「相続」、「遺言」、「後見」、「会社設立」、「許認可」・・・など、日頃馴染みのない手続に煩わしさを感じられる方、スムーズな手続で後々のトラブルを避けたい方、どの手続を選択することがよいのか不安な方、どこに相談するのがよいのかわからない方、専門家である私たちパートナーズ・オフィスに是非ご相談ください。
丁寧、適切、安心をモットーに、安心を皆様にお届けします!
司法書士法、社会保険労務士法、行政書士法に基づく国家資格の知識と経験をもって、丁寧にお話を伺い、適切な手続・方策等を一緒に練り、安心いただけるサポートに努めています。お気軽にご相談ください。きっとお力になれると確信しています。

行政書士業務

行政書士とは?

行政書士法第1条の2、第1条の3に定められた以下の事務を行うことができます。

①官公署に提出する書類等その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に
 基づく図面類を含む。)を作成すること。ただし、弁護士法、司法書士法、税理
 士法、社会保険労務士法等他の法律において制限されているものについては、で
 きません。

②①の官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び聴聞又は弁明の機会の付
 与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為に
 ついて代理すること。

③①により作成することができる契約書等を代理人として作成すること。

④①により作成することができる書類の作成について相談に応ずること。

Copyright(c) 2011 Partners Office All Rights Reserved.